ふつうの明日 vol.1【キーホルダー付き】
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

ふつうの明日 vol.1【キーホルダー付き】

¥800 税込

送料についてはこちら

ふつうの明日  【キーホルダー付き】 2021年7月発行 発行:そのまえ    磯崎未菜 菊池聡太朗    工藤夏海 瀬尾夏美 サイズ:A5判 ホチキス留め 28ページ 仙台在住のアーティスト4名による、それぞれの「ふつうの明日」からなる言葉、ドローイングの断片集。 2021年9月15日「朝日新聞」朝刊  の『折々のことば』(鷲田清一氏)にて  当冊子が取り上げられました。    【以下、引用】 「ふつうの明日と昨日電話で話した。」 工藤夏海 仙台市を拠点に活動する仲間と冊子「ふつうの明日」を立ち上げた美術家。 その第1号への寄稿はこんな不思議な文章で始まる。 そして「人と会うってそれだけで十分刺激的だったんだなぁ」といった電話での語らいが続く。 コロナ禍の下、これまでの当たり前が次々に崩れてゆく。 元に戻るかも不明なままに。 美術家は「ふつう」を支えてきた感覚を密やかな記憶の中に探る。 【引用ここまで】 「ふつうの明日」 オリジナルキーホルダーが1個 付きます! (キーホルダーの種類はお選びいただけません。 どの図柄が届くか、どうぞお楽しみに)