東一番丁物語
new

東一番丁物語

残り1点

¥3,000 税込

送料についてはこちら

東一番丁物語 「東一番丁物語」は昭和十九年、戦争が日々苛烈を加え、 東一番丁はおろか、日本の国がどう変貌するかわからぬというので、 町内に関しそれまで調べ置いたことや、見、聞きしていた様々な 出来事などを書き集め自費したもの。〜作者あとがきより〜 著者  柴田量平 発行  高山書店 印刷  笹気出版印刷 発行年 昭和42年(初版昭和19年) ハードカバー  13X18.5cm 257ページ  本文袋とじ 状態   背に傷みあり  ページ外れ数カ所 (不足ページはありません)